スポンサーサイト

Posted by いかれ帽子屋。 on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

review8

Posted by いかれ帽子屋。 on 22.2014 0 comments
私の方は横仰位で努責を開始してからも
相変わらずそんなに早く進んでいるとは知らなかった。
というのも助産師って児髪が見えたら
「赤ちゃんの髪の毛見えてますからね。」
とか声をかける人がほとんどだけど
神谷さんも廣田さんも何も言わないから。
何か患者に目先の幸せを掴ませる発言を
この人たちはしないことが素敵に思えた。

だから最後の最後で廣田さんが
「頭触ってみます?けっこう進んで手驚くと思いますよ。」
と言ったので触ると既に発露の状態で本当に驚いた。

そして時間感覚がおかしくて
横仰位になってからの方が長く感じたが実際は短かった。
おそらくそれまでは正気でなかったため
時間の流れがおかしかったのだろう。
横仰位になって旦那が来てからは冷静になって
雑談も出来るくらいに落ち着いていた。

最後は発露から後頭結節通過まで
会陰が痛いのはもちろんだが
意外だったのは尿道口がかなり痛かったこと。
本当に尿道口が切れるかと思った。

児頭が出たところで啼泣があり
巻絡があったためすごし努責かけて外し
ついに21:50に私の児が出た。
痛みがスーッと消えてお腹が凹み
「あぁ産まれた。」と思ってホッと安堵した。
感動の涙とかはなくただただホッとした。
こんなハイリスクな中、旦那と母が立ち会えて
しかも助産院で産めて本当に良かったと思った。
色々ともう分かっている賢い子だな。と思った。
スポンサーサイト
Category : 未分類

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。